遺品整理というのは本来亡くなった方の残したいろいろな持ち物を整理、処分、片づけなどを行うことです。

ですが遺品整理業者の中には、亡くなった人が残したいろいろなものを、雑に扱ったりお願いしていないものまで処分してしまったりといろいろとトラブルに発展してしまっていることも、多々あるようです。

本来の遺品整理というのを思い返してみると、一人で暮らしていた方などが、万が一があった場合に近しい親族などが自分たちで片づけができない場合や、遠くに住んでいるのでなかなかいけない場合などに、整理をお願いすることをいいます。

ですが中には追加料金を請求する業者や、片づけはそこそこで切り上げる業者なども中にはいます。

そういった業者とトラブルを避けるためにも、事前の打ち合わせや取り決めはしっかり行い、トラブルに発展しないよう、発展してもスムーズに解決できるように書面などでやり取りをすることが大事です。