遺品整理という言葉を最近よく耳にするようになってきました。

以前では身内や家族が行っていた遺品整理ですが、最近は家族というスタイルの崩壊や、孤独という人が多くなってきています。

しかも孤独というのはパートナーに先立たれた老人だけのことと思われがちですが、実はそうではなくて生涯一人という人もかなり増えてきているために、自分が先だった後の片づけを誰にもお願いする人がいないということで、こういった遺品整理を誰かにお願いする・・・というのも多くなってきたのです。

でも遺品整理はまだまだ単なるいなくなった後の片づけだと思っている人も、意外と多いのではないでしょうか。

たしかに遺品整理は亡くなった個人の生前の持ち物を整理して片づけることです。
参考→http://www.jedenastka.org/

でも実は単なる片づけではなくて、亡くなった人の思いでを生きた証として残す作業のことでもあるのです。